TOP NEWS

埼玉県大学サッカーリーグ第6節

埼玉県大学サッカーリーグ第6節
vs芝浦工業大学
ホームで共栄大学に2-0で快勝し、むかえた試合でしたが試合の入りが悪く相手にチャンスを何度も与えてしまいました。試合序盤は苦しい時間帯が続きましたが、守りきります。だんだん自分たちのペースを取り戻しボールを保持することができました。空中戦ではディフェンス、ミッドフィルダーともにほとんど負けなしでした。苦しい時間帯に失点をしないということは以前からの課題だったので前半を0-0で終えられたことは大きな収穫だと思います。
後半になると高い位置での守備がはまり前線でボールを奪う回数が増えました。後半4分主将戸村得点し1-0。続いて後半11分MF鈴木の前線での守備からボールを奪いFW北原のアシストで戸村が2点目を決めます。その後もチャンスを作るものの追加点を奪えず2-0で試合を終えました。
今節の結果により、文教大学がリーグ首位になりました。前期は残り1節です。最終節も勝利し必ず勝ち点3を取ります。
たくさんの応援ありがとうございました!!
次節は7月16日(日)に城西大学Gで獨協大学と対戦します。また応援よろしくお願いします。

埼玉県リーグ第4節

本日、埼玉県大学サッカーリーグ第4節が行われました。対戦相手が現在リーグ首位の尚美学園大学ということもあり、少し硬い試合の入りでした。前半の半ばから試合の雰囲気にも慣れ落ち着いボールを回す時間を作れました。しかし、バイタル付近でやり切ることができず、チャンスを作れません。相手が3-6-1という攻撃的布陣だったので守備の連携がとても大切でした。前半はお互いに得点できず0-0で折り返します。
後半は相手に攻め込まれるシーンが多くなり、シュートを打たれるもGK西山のビッグセーブでゴールをゆるしません。後半21分14番大野がドリブルから落ち着いてコース狙ったシュートを決め先制します。その後も守りの時間が続き31分に得点を許し、1-1のドローで試合を終えました。
チーム全体として課題の残る一戦でした。また明日から練習に全力で取り組んでいきたいと思います。
本日もたくさんの応援、差し入れありがとうございました。次節はホームで共栄大学と対戦します。
チーム全員で勝ち点3を取りに行きます。応援よろしくお願いします。







埼玉県サッカーリーグ第3節

本日埼玉県大学サッカーリーグ第3節城西大学戦に3-0で勝利しました。
1節の埼玉工業大学戦3-0、2節平成国際大学戦0-6で迎えた大事な試合でした。
試合序盤は相手の縦に早い攻撃で攻め込まれるシーンが多くありましたが、新1年の右SB夏目涼太CB玉井智也の冷静な対応で得点を許しません。その後もセカンドボールを拾われいい形での攻撃ができません。守備の苦しい時間が続きましたが、前半45分主将戸村省吾の鮮やかな直接フリーキックが決まり1-0で前半を折り返します。
後半も攻め込まれるシーンがありましたが、GK西山徹のビッグセーブでピンチを切り抜け、試合の流れを引き寄せました。後半13分セットプレーから10番飯塚稔也がヘディングで決め2-0。試合中盤は、守備の時間が続きましたが粘りのディフェンスで守りきりました。後半90分抜け出しからPKを獲得し10番飯塚稔也が本日2得点目を決め3-0で試合を終えました。                  本日もたくさんの応援、差し入れありがとうございました。
次節は一週空いて6月11日に尚美学園大学と対戦します。またチーム一丸となってがんばります。
応援よろしくお願いします。




アミノバイタル杯 2回戦

アミノバイタル杯 2回戦 埼玉工業大学との試合に0-2で敗れました。
試合開始2分サイドを崩され失点します。その後も相手のサイドを簡単に使った速い攻めに何度もゴール前まで攻め込まれます。前半25分過ぎから少しずつ前線での守備が機能し始め、高い位置でボールを奪う回数が増えました。しかし、得点につなげることができません。前半38分コーナーキックのこぼれ球を混戦の中から押し込まれ0-2で前半を折り返します。
後半、選手交代とポジションチェンジで何度か得点チャンスを作るものの得点できません。失点の焦りもありマイボールの時間を上手く作れずボールを奪われる回数が増えました。そのまま得点は動かず0-2で終了しました。

選手1人1人にプレー面、メンタル面ともに課題の残る一戦となりました。リーグ戦開幕まで残り1ヶ月を切りました。良いスタートが切れるよう明日からまたがんばります。 
リーグ戦初戦は文教大学第3グランドでのホーム戦になります。

保護者のみなさま、obのみなさま、他部活動のみなさまなど、多くの方から声援をいただきました。リーグでは声援に応えられるようチーム一丸となってがんばります。応援よろしくお願いします。


アミノバイタルカップ vs駿河台大学

アミノバイタルカップ1回戦
駿河台大学に2-1で勝利しました。
試合の入りは相手にボール奪われる回数が多く、攻め込まれるシーンがありました。駿河台大学のスピードのあるFWにラインを突破されるシーンもありました。
しかし、前半19分PKを獲得し、10番飯塚稔也が落ち着いてPKを決めます。得点したものの、前半は相手にボールを支配され守備の時間が続きます。
GK西山徹のセーブもあり無失点で前半を折り返します。
後半に入り、徐々に落ち着いてボールを回せるようになりました。後半25分15番柳瀬佑弥のアシストから5番矢葺良太の公式戦初ゴールで2-0とリードします。後半25分、30分と交替で新一年生33番夏目涼太、34番吉竹歩夢が出場しゴールを目指す思い切ったプレーでチームを盛り上げました。後半40分ミスから失点しましたが2-1で試合を終えました。
応援してくださったみなさま本当にありがとうございます。また、チーム一丸となりがんばります。

4月30日に2回戦埼玉工業大学戦が行われます。
応援よろしくお願いします!!