彩の国カップ vs城西大学

彩の国カップ 2回戦 城西大学との試合に1-2で敗れました。
前半8分MF高橋悠大がサイドからのこぼれ球を正確にゴールに流し込み先制します。しかし、そこから城西大学に攻め込まれるシーンが多くなります。相手の流動的な動きに上手く対応できない場面もありました。19分ゴール前サイドのスローインから失点。そのままスコアは動かず1-1のまま前半を折り返します。
後半はFW南雲慎也を投入して4-4-2にフォーメーションを変更しました。前からプレスを掛ける回数が増え、ゴール前までボールを運ぶシーンもありましたが得点できません。お互いチャンスシーンを作るも気迫の守備で1-1のまま延長戦を迎えます。
延長戦でも攻め込まれるシーンが増えましたがGK西山徹がファインセーブを連発します。延長98分PKを与えてしまいましたが、これも西山がビックセーブします。延長102分右サイドからのクロスをファーで押し込まれ失点。1-2で延長後半を迎えます。攻撃的布陣を取るためMF田島信英を前線に入れ3-4-3でゴールを目指すも得点できず15分の延長後半も終了。1-2で試合を終えました。
昨年度リーグ王者に通用するところ、しないところがはっきりとわかる試合でした。課題を見直すこと。そして、この悔しさを忘れず練習に取りくむことが自分たちにできることだと思います。火曜日から通常通り練習が行われるのでもう1段階成長できるようにチーム一丸となって練習に取り組みます。
保護者、OBのみなさま文教大学他部活動のみなさま、その他応援してくださったみなさま。本当にありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。