副主将コメント

       鈴木  駿介                  西山 徹


本日は副主将を務める二人からコメントをいただきました。


〜鈴木 駿介〜

教育学部 体育専修3年 鈴木駿介です。
リーグ戦での試合で大切ではない試合はありませんが、明日の平成国際大学との試合は勝たなければ今シーズンの優勝がなくなってしまう本当に大切な戦いになります。是非とも応援よろしくお願いします!!
そんな大切な一戦の前ですが、ブログを書かさせてもらいます。

私は高校を卒業してそのまま大学一年生になるはずでしたが、一年間の空白の時(浪人)を経てこの文教大学に入学しました。
入学当時は、サッカーから一年以上離れていて、とてもサッカーができる体ではありませんでしたが、部活に入部する事にためらいは全くありませんでした。それは、素直にサッカーが好きだという事を浪人生の時に改めて強く感じ、サッカーを続けたいと思ったからです。

入部から今に至るまでの3年間はただサッカーが好きで楽しいと思う事ばかりではありませんでした。一年生の頃は、右も左も分からずにただがむしゃらに練習を行い、日々先輩から怒られては反省し落ち込む毎日でした。当然そんな私は、一度もリーグ戦のメンバーに選ばれる事なくシーズンを終えました。「あいつは腐った」よく大学サッカーで耳にする言葉ですが、文教ではほとんど使われません。それは、腐る選手がいない。正確には、腐る選手をチームが作らせないからです。私もその一人でした。怒られてばかりの日々と書きましたが、良いプレーには全員で褒め、落ち込んで悩んでいる選手にはアドバイスをするという文教らしさがあったからこそここまでやってこれたと思います。

この部活に入って、何度も何度も「自分の武器・長所をつくれ」と言われてきました。何も出来なかった1年生を終えて、自分の武器はなんだろうかと考える事が多くなりましたが自分の武器を見つけれずにいました。身長はもう伸ばせない。足も劇的に速くはならない(鈍足)。技術も無い。そんな私が考えた武器は、筋トレして球際に強くなる事です。そこから、授業の空きコマや部活終わりに誰かしらを筋トレに誘って筋トレをする習慣を続けてきました。そんな事しても変わらないと馬鹿にされた事もありましたが、努力しないで何もしないよりは増しだと言い聞かせてやってきた事で、リーグ戦に出場する機会が増えていき自信にも繋がっていきました。一緒に筋トレをしてくれてありがとう!

残り2試合、勝たなければ優勝はありません。文教サッカー部全員が一丸となれば必ず勝てます。勝利に向けて立場それぞれですが、文教らしく最後まで明日は戦いましょう‼︎


〜西山 徹〜

こんにちは。文学部英米語英米文学科3年の西山徹です。
今年の代持ちの副主将をやらせていただいております。
せっかくの機会なので、自分の思う文教サッカー部について少しお話させていただこうと思います。
文教サッカー部は、他のチームと比べて選手一人ひとりが上手いわけでもなく、練習時間を長く確保できているわけでもありません。それでも明日の試合を含めて残り2節の段階で埼玉県リーグを2位に位置し、優勝争いが出来ていることにはいくつかの理由があります。この理由が文教サッカー部の特徴、魅力であり、私がこのチームを愛してやまない理由です。
元々大学でサッカーをやろうと思っていなかった自分がここでサッカーを続けようと思ったのは、このチームの選手が主体的かつ真摯にサッカーをやっていたことにあります。
試合でこのような姿勢がどの様に現れるかというと、ゲームの展開が悪くなった際に監督の支持ではなくグラウンドにいる選手の判断で修正が出来る事、そして勝利への強い執着心にあります。
つい応援したくなるほどのひたむきな姿勢に高校で燃え尽きたはずのサッカーへの思いがまた燃えはじめ、このチームで試合に出たいと思いました。
他にも縦のつながり、他の団体との関わり、礼儀正しさ、関わってくれた人々への感謝、挙げだしたら止まらないこの魅力を伝える1番の方法は、グラウンドに足を運んでいただき、肌で感じていただくことだと思っているので、残り2節、肉を切らせて骨を断つぐらいの気持ちで戦います!
どうぞ応援にお越しください!