主将コメント

こんにちは!
教育学部体育専修3年、戸村省吾です。代持ちで繋いできたこのブログも最終回となりました。今回は主将という立場から見た文教大学サッカー部についてお話させて頂きます。

この1年間、サッカー部の主将という大変貴重な経験をさせて頂きました。チーム運営から裏方の仕事、メンバー選考など、サッカーをプレーする時間以外にサッカー部について考える時間が圧倒的に長かった気がします。本当に多くの方々の支えがあってこのチームは成り立っていると実感する時間でしたし、サポートしてくださる方々へ良い報告をお届けしたい、と本気で思う日々の連続でした。

さて今シーズン、文教大学サッカー部は埼玉県大学サッカーリーグにおいて優勝争いを展開することが出来ました。自分が1.2年の頃は苦しい残留争いを経験してきたので、個人的に物凄く楽しめたシーズンでした。生意気ですが頼りになる後輩達、プレーや姿勢でチームを引っ張ってくれた4年生、チームの事を1番に考え、自分を全力でサポートしてくれた3年生。本当に部員の皆には感謝してます。

皆さんはどう考えているかわかりませんが、自分は部活動は結果が全てではない、と考えています。共に何かを目指すことの大切さであったり、一生一緒に過ごすであろう仲間に出会う場であったり、リーグ戦やカップ戦で結果を残すこと以上に得られるものがこの部活にはたくさんあると思います。先輩方が築き上げてくださったこの文教大学サッカー部に所属していることを誇りに思い、日々行動してくれたら幸いです。
とはいえ、明日は長かったリーグ戦の最終節です。勝てば2位が確定し、今後の自信にも繋がるでしょう。チーム全員で勝利を掴みとり、笑って終われるように頑張りましょう!

長々とした文章でしたが、お付き合い頂きありがとうございました。明日もたくさんの応援よろしくお願いします!