アミノバイタルカップ 1回戦 vs尚美学園大学

 アミノバイタルカップ1回戦、尚美学園大学に0-4という結果で終わりました。
 今回の試合は、スタメンの半分以上を代持ちである3年生で埋めて臨んだ一戦でした。前半から尚美大のペースで進んだ試合は、開始して間もない前半10分、左サイドから崩されて蹴り込まれたクロスをゴールに流し込まれ、0-1とされます。その後はGK恩田の好セーブに助けられて失点は免れますが、文教側もなかなかシュートまで辿り着けずに、そのまま前半を終えます。
 後半からは試合のペースを文教側に寄せるべく、FW南雲・MF大井と交代で、鋭いドリブルが持ち味のMF金田・MF斉藤を投入します。しかし、その後も尚美大の勢い止めることはできなかったため、文教は残りの交代枠を使いMF清水・MF柳瀬に代えMF西郡・MF廣瀬を送り出します。引き続き出場している選手・交代した選手の健闘や、前半から文教ゴールを守り続ける恩田の活躍も届かず、尚美大に追加点3点をあげられてしまいます。
 試合は0-4で終えました。この試合を通じて、チームとしても個人レベルでも差を感じさせられました。リーグ開幕まで約1カ月と迫った今回の試合で、自分達が今どの位置にいるのかを再確認させられる機会になったと思われます。残された期間で最大限のレベルアップができるよう、チーム一丸となり頑張ります。
 

 応援して頂いた皆様、ありがとうございました。