vs埼玉大学 埼玉県大学サッカー春季リーグ第3節

埼玉県大学サッカーリーグ第3節、埼玉大学に3−2で勝利しました。

 今回の試合は前回の第2節同様、初めての勝ち点を得るために臨んだ一戦でした。

 ホーム戦ということで沢山の方が応援に来てくださり、悪くない雰囲気で試合に入ることができました。試合開始直後の前半4分、ロングスローで裏へ抜け出したMF大野が右サイドからの鋭いドリブルで埼玉大学DFを抜き去り、中へ走り込んだMF金田がダイレクトで合わせ、見事先制点をあげます。危なげなく試合を進めることができていた文教大学は前半19分、獲得したコーナーキックにキッカーはMF大野。セットプレー練習の成果は発揮されるか注目される中、蹴り出されたボールは直接ゴールへ吸い込まれ、思わぬ形での2点目となります。その後はGK恩田の好セーブもあり、前半を2-0で終えます。

 後半はボールを保持することができるも、うまくシュートまで繋げられない時間が続きます。しかしカウンターの機会は何度かありそのうちの一回、後半20分に相手陣地までMF金田が運びFW南雲によって右サイドから入れられたボールはMF大野に渡り、タッチで相手を外しシュートをして3点目をあげます。このまま試合が進むと思われましたが、足がつってしまったことによる3度の選手交代の後の、後半31分とアディショナルタイムに続けて2点を決められてしまいます。嫌な雰囲気が漂い始めましたが、試合は3-2で終了しました。

 今回の試合は、勝利し念願の勝ち点3をあげられたことを素直に喜びたいと思います。しかし、試合終了までに2点を奪われて危険な展開になっていたことは事実なので、「勝っている時の戦い方」もチームとして身につけていかなければならないと感じました。次節も勝利を目指して全力で戦います。

 ホーム戦ということで、沢山の方が3グラに応援に来てくださいました。皆様、大きな声援をありがとうございました。