vs城西大学 埼玉県大学サッカー秋季リーグ第1節

 本日から2018年度埼玉県大学サッカー秋季リーグが開幕いたしました。我々、文教大学の初戦の相手は春季に0-2で敗北している城西大学でした。

 試合は、文教大学ボールでキックオフします。開始直後は大きくボールを裏へ蹴り出し相手ゴールまで攻め上がりますが、次第に城西大学側からの逆サイドを狙ったロングボールに苦しめられ、一進一退の攻防が続きます。前半はDF玉井とDF山本の献身的な守備から攻撃に繋げますが決定打に欠け、0-0で試合を折り返します。

 文教大学は、前後半の立ち上がりはロングボールを使って明確な試合運びを心掛けますが、後半6分に城西大学にフリーキックを与えてしまいます。ゴールラインに近く角度も無かったため直接決められることはありませんでした。しかし、プレー再開時に生まれた一瞬の隙を突かれて、ゴール前で短いパスを回された後に放たれたボールはゴールネットを揺らし、文教大学は先制点を許してしまいます。その後も大きなチャンスは無く、後半22分FW山本とMF清水に変えMF永藤とMF高橋を投入します。失点を許し押され気味だった雰囲気を交代した選手とMF大野・MF金田を中心に懸命にゴールを目指します。そして試合終了間際、右サイドからパスを繋いで迎えた大きなチャンスでMF金田がバイタルエリアからシュートを放ちますが、惜しくもボールはゴール右へ逸れてしまいます。そのまま試合は終了し、0-1が最終的な結果となりました。

 秋季リーグはゲームの立ち上がりとセットプレーに重点を置いてチームにメスを入れてきましたが、その一点を突かれて失点を許してしまったことは大きな課題として残りました。しかしながらリーグ戦の常、1週間後には次の試合が控えているのでわずかな期間での修正と成長を目指し、次節へと向かっていきます。

 応援してくださった皆様、大きなご声援をありがとうございました。