後期リーグ第2節前日

大井直人、久保井寿
左、大井直人 右、久保井寿

 明日、埼玉県大学サッカー秋季リーグ第2節が行われます。場所は文教大学、我々のホームグラウンドを紫に染め、皆さんで勝利を目指しましょう!!

 本日も代持ちである3年生から、リーグ戦に向けたコメントを頂いております。久保井寿と大井直人の二名です。


久保井寿

 人間科学部人間科学科3年の久保井寿です。この度はこのような機会を頂きありがとうございます。
 
 自分は、文教大学サッカー部に入り気付かされたことがある。それは、自分という存在のつまらなさだ。話も長くオチがない・面白くない・サッカーも下手。考えれば考えるほど、自分の短所が見つかるばかり。ただ、同時に自分は周りに支えられていることも学んだ。誰かは今年の夏合宿で、自分が短所と思っていたことを「強み」と言ってくれた。この言葉に、少しだけ救われた自分がいた。まぁ色々なことに気付かせてくれた人に感謝をしたい。
 話は変わるが、自分には、同じ高校のサッカー部だった樹とゆうやの二人がいる。仲悪いといじられる日々もあった。思い返すと、一緒に3人でご飯を食べるとかもなかった。高校時代とは立場が逆転し、走りでも追い抜かれるようになり、嫉妬の毎日だった。ただ、この2人の存在は自分の中で大きなものだった。本当にありがとう。そして、もう一度3人揃って試合に出ような。
 最後に、文教大学サッカー部に入部してから、約2年半。ものすごく色々な事を経験してきた。そして、多くの人と関わることができた。こうして関わることができたのも、サッカーを続けてきたからであり、サッカーをやっていて本当に良かったと感じる。この代で、このメンバーでサッカーをやるのもあと1ヶ月と少し。こうしてサッカーができることや関わってくれた人への感謝の気持ちを忘れず、自分ができることを全力でやっていきたい。

明日はホーム戦!!
ホームで勝って勢いに乗ろう!!

 

大井直人~

こんちには、人間科学部 人間科学科 3年の大井直人です。
引退まで、残り1ヶ月程に迫っている中でこの文章を書かせていただきます。

今回は主観的な考えとして素直な気持ちを綴りたいと思います。
まず、一年の四月ではなく、遅れて部活動に加入させていただきました。途中加入の自分を受け入れてくれたのはとてもありがたく思っています。
そんな状況から約二年が経ち、最後の秋リーグも始まりました。
代持ちになってから行ったビルディング合宿で、「親に感謝の意を表すために試合に出る」と公言したのにもかかわらず、その目標に全く手が届いていません。答えは明確で、それは、言い訳ばかりしている自分がいるからであり、単純にサッカーが下手くそだからです。他人のせいにしたことが何度もあるし、自分のミスだと分かっていながらも強がってしまう時もあります。

しかし、そんな中でも代持ちの数人はは自分の意見の吐け口となり、その上で反論してくれます。本当にありがたい存在です。
自分はそのような支えてくれている仲間に対して、何も返してあげることができていません。サッカーが下手でもチームが勝つためにできることを常に考えながら行動し、掲げた目標に一歩でも近づくことができるように残り1ヶ月努力していきます。
「納得のいく後悔の残し方」を目指して、活動を行っていきます。
そして、感謝の意を表現します。

明日勝ってロコダンスを踊り、流れを作りましょう。


コメントは以上です。

上記の通り明日はリーグ戦、勝利のロコダンスを踊りましょう!!